蓄音機 ジャズ、ポップス クラシック 名演奏 アナログ 懐かしい音

初めまして、滋賀SPレコード愛好会です。

FrontPage

はじめまして

滋賀SPレコード愛好会のサイトへようこそ
連絡場所 滋賀県大津市荒川687-9
    ( エフペック・オルガン工房内)
     電話 077-592-0513
     fax  077-592-0145
     メール info@efpeck.net
蓄音機で聞く
SPレコードコンサートのページです。

カールホーン

蓄音機は生演奏に近い。
(画像をクリックすると拡大します。)
あなたは蓄音機の音を聞いたことがあるだろうか?
蓄音機はいまから100年以上前に発明された装置である。
私の小さいころはポータブルの蓄音機でSP盤を鳴らしスクラッチノイズだらけの音で、夏休みのラジオ体操をした記憶がある。
しかしその同時代に製作され外国製の蓄音機で当時の名演奏をはじめてSP盤で聞いた時は鳥肌が立った。
もちろん当時の日本のテクノロジーが低かったこともあるが、大げさにいうわけではないが、腰を抜かすほどに驚いたわけである。
 つまりパブロ・カザルスが目の前でチェロを弾いているような感覚を覚えたのである。
マリア・カラスが自分のために目の前で歌ってくれている。またナットキングコールが目の前に立っているのである。
演奏者の息づかいが、肌で感じられるのだ。
CDで聞こえてくるようなクリアーな音は、人間の耳に感じる可聴域を電気処理をしているためにそうした雰囲気までカットしているわけである。
実際のナマのコンサートでは客席のため息、興奮感、譜面をめくる音、指揮者のオーケストラに対する意図が臨場感として存在するわけであるが、SP盤にはそのすべてが含まれているわけである。

更新履歴

2016年11月3日 第4回SPレコードコンサートの詳細をコンサートの予定に掲載しました。「第4回 プログラム」を参照下さい。
2016年10月30日 次回コンサートの予告をトップページに掲載しました。
2016年5月15日 SPレコードコンサートの「第三回プログラム」を作りました。
2016年4月30日 次回のコンサートの予定の一部を掲載しました。
2016年4月11日 SPレコードコンサートの「第2回 プログラム」を作りました。
2016年1月4日 SPレコードにナットキングコールを追加しました。
2016年1月2日 SPレコードの画像を追加しました。
2015年12月30日 ヴァイオリン・ピアノ・チェロの欄に数点アップしました。
2015年12月24日 過去のコンサートの記録のページに加筆しました。
2015年12月18日 コンサートのプログラムのページを作りました。
2015年11月16日 SPレコードのお手入れのページを作りました。
2015年10月27日 湖西のデータベース近江の歴史と文化のページを作りました。
2015年10月17日 蓄音機の動画のページにHMV157を掲載しました。
2015年10月16日 クラシックSP紹介のページを作りました。
2015年10月14日 SPレコードのコレクションを順次アップしております。
2015年10月13日 ジャズSP紹介のページにベニーグッドマン、グレンミラー等のレコードを掲載しました。
2015年10月12日 リンクのページを作りました。
         コンサートの予定を作成しました。
2015年10月11日 ホームページを作り始めました。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional